動画 無料 情報館

様々な動画を紹介していきます。おすすめの視聴方法や無料で視聴できるサイト等を考察する参考になさってくださいね。

パニック

ラ・ヨローナ 動画

投稿日:2019年7月16日 更新日:

ラ・ヨローナ 映画 動画

注意

※掲載中の記載情報は、2019年09月の時点での情報となっております。

情報の更新がなされている場合があります、各社公式HPにて再度詳細をご確認ください。

 

おすすめ公式「VOD」(動画配信サイト)の紹介

U-NEXT

無料会員登録すると31日間、会費無料キャンペーン実施中です。

◆15万本以上の動画配信を誇り、見放題作品13万本以上、動画レンタルが2万本以上という膨大な数を誇っています。

無料会員登録にて600ポイントを付与されます。

「ラ・ヨローナ」は540ポイントを活用することとなります。

◆地上波放送中のドラマ・アニメの「見逃し配信」もあります。

◆成人向け作品も豊富なラインナップです。

◆書籍・漫画・雑誌も見れますよ。

 

TSUTAYA TV

初回会員登録で30日間、会費無料キャンペーン実施中です。

会員登録の特典で1080ポイント付与、新作2本程度をポイントで視聴できます。

「ラ・ヨローナ」は540ポイントを活用することとなります。

◆「見放題」と書かれた動画は勿論無料で視聴できます。

◆成人向け作品も年齢認証により視聴可能です。

 

music.jp

◆映画、ドラマ、アニメまで18万本以上を配信中です。

◆専門チャンネル(音楽・スポーツ・キッズ)が見放題です。

初回30日間会費無料キャンペーン実施中です。

通常ポイント962P+動画ポイント1500Pが付与されます。

「ラ・ヨローナ」は432ポイントを活用することとなります。

◆見放題サービス、最新映画、デジタル先行配信等のサービスが充実です。

継続会員になると更なる特典(ポイント増量)が用意されています。

 

dTV

◆映画・ドラマ・アニメ・音楽など18ジャンル、12万作品を配信しています。

初回31日間会費無料キャンペーン実施中です。

「ラ・ヨローナ」は別途432円の視聴料がかかってしまいます。

◆docomoユーザーはドコモの支払い方法を適用できる。

◆docomoユーザー以外の方も登録できますが、その際はクレジットカード決済対応となります。

◆dTVはマルチデバイス対応です。

◆ダウンロードができるのでオフラインでの視聴が可能です。

継続会員になるなら500円/月は格安です。

◆dTVオリジナルコンテンツ「BeeTV」の動画が意外とはまりますよ。

 

ラ・ヨローナ 動画 無料

openload・Dailymotion・pandora・bilibili・YouTube等の利用については予告編程度の利用で抑えておきましょう。

過度にフル(FULL)動画を追いかけると非常に厄介なことにもなりかねません。

仮にタイトルに「フル,FULL」などの文字があっても視聴できないことがほとんどで、ウィルス感染架空請求の犠牲になる可能性を秘めているんです。

上記に紹介しているような安心できる公式VODサイトを活用してください。

簡単に無料視聴できるところは怪しいと判断して、適正な動画サイトでの視聴をおすすめします。

ラ・ヨローナ あらすじ

中南米に古くから伝わる怪談「ラ・ヨローナ」を題材に、「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン製作で描くホラー。
愛する夫に浮気をされ、嫉妬に狂った結果、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女、ヨローナ。
そのことを後悔し、嘆き苦しんだ彼女は自ら川に身を投げた。
呪いとなってこの世をさまようヨローナは、子どもたちをさらっていく。
1970年代のロサンゼルス。
ソーシャルワーカーのアンナは子どもたちが危険にさらされているという、ある母親からの助けを無視してしまうが、それは泣き声を聞いた子どもが必ず連れ去られてしまうヨローナの呪いだった。
そして、ヨローナが次のターゲットとして狙いを定めたのは、アンナの2人の子どもたちだった。
                          引用:映画.com

ラ・ヨローナ キャスト

リンダ・カーデリニ(アンナ)
レイモンド・クルツ(ラファエル)
パトリシア・ベラスケス(パトリシア)
ショーン・パトリック・トーマス(クープ)
ジェイニー=リン・キンチェン(サム)
ローマン・クリストウ(クリス)

ラ・ヨローナ 評価 感想

まずは「ラ・ヨローナ」なんですが、中南米の民謡を通じて殺人鬼・母親・悪霊などの様々な形容を指します。
何世紀にも渡り、親から子供へ語り継がれるものだという事です。
親が子供に言う事を聞かせるために使用したりするのが一般的だそうです。

【とある理由から、女は自身の愛する子供を溺死させてしまうんです。
その事を後悔しながら嘆き苦しんだ挙句に、自らも川に投身するのです。
女は、死んだ後も悪霊となってこの世の中を彷徨うこととなります。
そして人の子を次々とさらっていくのでした。
自分の子供を失うという悲劇を他の母親にも同じ思いを・・・」という理不尽極まりない行動に出つつも、母親としての同情心も垣間見えるんです。】

以上のような事がラ・ヨローナの伝説として語り継がれるのです。
「きちんとした良い子でないとラ・ヨローナが迎えに来るよ。」という感じで親が子供に対して叱る際に使用するという事です。

そして、この作品はまさにその「ラ・ヨローナ」が主人公です。
出没する条件としては、水が存在する場所であればどこでも出没します。
その水の近くにいるものがターゲットです。

川・浴槽・水たまり等どこにでも出没します。
その近くにいる子供は容赦なく連れ去られます。
お気を付けを・・・

そして何よりこの作品は「死霊館」というホラー映画のシリーズ版となります。
「死霊館」「アナベル 死霊館の人形」「死霊館 エンフィールド事件」「アナベル 死霊人形の誕生」「死霊館のシスター」「「ラ・ヨローナ~泣く女~」
そして「アナベル 死霊博物館」2019年9月20日公開と続くのです。

それぞれの作品に他の作品へと紐づくアイテムやヒントが提示されています。
ですから視聴されている中で、何かを気づけるという点も楽しめるんではないかと思います。

近年ではアイアンマンやアベンジャーズのようなシリーズ形態物の代表作である「マーベル・シネマティック・ユニバース」と同様の継続版であることは間違いないようです。

心して視聴に臨んでくださいね(^^)/

-パニック
-, , , ,

Copyright© 動画 無料 情報館 , 2019 All Rights Reserved.